退職する時は事前に

どんな形であれ、事情であれ、退職をする時にはこれまでお世話になった職場の方々に対して、最大限の感謝を伝えることや、退職に必要な手続き、自分の立場で行っておかなくてはならないことを全てこなさなければなりません。 飛ぶ鳥後を濁さずとは言ったものですが、これは本当に大切な部分なので意識しておかなくてはなりません。

仕事内容の引き継ぎをするのはもちろん、これまで取引先があれば、担当の取引先にも挨拶をしなければなりません。 自分が職場を後にしてから、残された人々が困らないように、出来ることは全て行いましょう。 もちろん、退職が決まった段階で職場に伝えることも大切になります。

事前に伝えておかなければ、職場には大きな迷惑をかけてしまうことになり、後のイメージも悪くなってしまいます。 定年を迎える場合には職場側もしっかり把握してくれているので、わざわざ申し出る必要はありませんが、転職が決まった場合や婚姻などで職場を離れる場合には、やはり事前に伝える必要があります。 どうしても体調の問題や家庭の事情で直前になってしまうケースもありますが、この場合であってもわかった段階で伝え、突然の出来事で迷惑をかけてしまう旨について、しっかり謝罪をしましょう。

これまでお世話になった職場ですから、社会人として最低限のマナーを守り、さらには人としても悪いイメージを持たれないように務めなければなりません。 どうしても伝えにくい事情で職場を離れる際には、何か別の理由を考えても良いでしょう。 くれぐれも、無断で出社しない、音信不通などの方法での離職は避けましょう。

Copyright © 2014 退職する際のマナー All Rights Reserved.